にじいろのうた

ジャニーズWESTの神山智洋くんが好き過ぎて。。。

アマデウス観劇しました!

今日は神ちゃんの話ではありません。

照史くんのアマデウスを観劇してきました!

娘には内緒で、一人で東京まで行ってしまった(笑)

「東京で女子会してくるね~」と嘘をつきました(;´▽`A``

ごめんね。。。

でも、ちゃんとパンフレットをおみやげに買ってきたから。

 

演劇なんて高校の文化祭の出し物で観たことくらいしかないので、

一度ちゃんと見てみたいなぁって思っていました。

 

アマデウスは初心者には難しい内容かな?とも思っていたけど、

松本幸四郎さんが照史くんをモーツァルトに選んだ理由を知り、

どうしても照史くんの演技を生で観てみたかった。

照史くんは舞台向きなんじゃないかと思ってるし。

(これは私の勝手な見解です。なんの根拠もございません。)

 

サンシャイン劇場に入り、舞台との距離感に驚きました。

私の席は真ん中より少し後ろだったんだけど、

近すぎず、遠すぎず、舞台全体がきちんと見える良い席でした。

眼鏡をかければ演者さんたちの表情もよく見えます。

 

観劇に来ていた方の年齢層は様々でしたね。

20代~70代以上までいたんじゃないかな?

1人で心配でしたが、全然問題ありませんでした。

むしろ、集中して観ることができたので正解だったと思います。

 

そして幕が上がりました。

 

感想を一言。

 

「舞台っておもしろい!!」

 

照史くん贔屓で舞台を観てしまうのはもったいないと思いました。

もちろん、「桐山照史」という役者は素晴らしかったです。 

照史くんにしかできないモーツァルトだったと思っています。

 

そして、松本幸四郎さんの圧倒的な存在感。

とてもとても70歳を過ぎた方とは思えません。

 

舞台の内容については、私は語れるほど知識も文才もないので割愛します。

でも、素人の私を見事にのめり込ませてくれた舞台でした。

 

モーツァルトの最期のシーン。

こらえ切れず泣いてしまいました。

隣の人も、後ろの人もみんな鼻をすすりながら泣いていたので、

私は気づかれないようにこっそり。。。(笑)

 

余談です。。。

照史くんが「な・に・わ・ぶ・誌!」で、サーバント役と風役のことに触れていました。

これがアマデウス観劇にとても役立ちました!

照史くん、ありがとう(^-^)

 

いつかまた、誰かの舞台を観劇できる日がくるといいな。

もちろん、第一希望は神山智洋で!!!